経理データステーション

1、変換したい会計ソフトから仕訳データをテキストデータとして書き出します。

2、「経理データステーション」を起動して、変換元・変換先ソフトを選択します。

会社ごとに設定が可能です。

3、仕訳(テキスト)データを「経理データステーション」に読み込みます。

,能颪出したテキストデータを本ソフトに読み込みます。

4、勘定科目などを変更している場合は、勘定科目を割り当てます。

仕訳データで使っている勘定科目だけを割り当てます。

5、部門コードを使用している場合は、部門コードを割り当てます。

変換先の会計ソフトから部門マスタを取り込むことが出来ます。

6、補助科目を使用している場合は、補助科目を割り当てます。

変換先の会計ソフトから補助マスタを取り込むことが出来ます。

7、設定された内容をもとにデータを変換します。

8、変換された仕訳データを任意の場所に保存します。

9、あとは変換先の会計ソフトで変換されたデータを読み込むだけ!!

お問い合わせ・見積もり依頼